病院の内科と脳神経科で治療できる病気

身体に異常を感じたら病院へ、脳神経科と内科の特徴

病院とは

Posted by prisonerofwest.org On 4月 - 2 - 2014 Subscribe here

医師または歯科医師が病人を診察、治療する施設を一般的に病院という。
世界保健機関(WHO)の定義としては、医療組織と社会組織が統合されたものとされている。
日本では、医療法に基づき、患者を20人以上収容し得る施設があり、科学的かつ適正な診療を与えることを目的として組織、運営される施設とされており、収容のベッド数が19床以下の場合は診療所と呼ばれる。

・病院の歴史
その歴史は宗教活動との関係が深く、紀元前の古代ギリシアでは神殿に病人を集め、治療を行なっていたと言われている。
近代以前は感染症などの患者を隔離する目的があり、富裕層の多くは自宅療養をすることが多かったという。治療を目的とした施設運営に大きく貢献したのはナイチンゲールといわれ、20世紀以降は現代に繋がる近代的な施設が成立されるようになった。
日本では奈良時代にすでに宗教活動の一環として施療活動が行なわれており、西洋の医学に基づいた病院は1557年に宣教師により大分に開設されたものが日本初といわれている。

・分野
病院には、様々な専門標榜科が存在する。
病気や軽度の怪我の際に多くの人が利用するのが、内科である。
内科は、さらに消化器内科・呼吸器内科・循環器内科といったように細かく区分する事ができる。

また、脳神経科では脳や脊髄、末梢神経に関する疾患を内科的に治療する事が出来る。
脳神経科には、内科と外科があり、症状によって治療内容が異なる。
頭痛や目眩、手足の痺れ、物忘れなどに心当たりがある場合は、脳神経科での検査を勧められる場合がある。
脳神経科では、他の科では受けられない専門的な検査・治療を受けられるのが特徴である。

OUT LINK

Comments are closed.

Copyright(C)2014 病院の内科と脳神経科で治療できる病気 All Rights Reserved.